2017年5月24日水曜日

【東海近世文学会6月例会(第270回)】

日 時:平成29年6月17日(土) 15時~17時
場 所:熱田神宮文化殿2階会議室

プログラム
・研究発表「対松館漣漪と対松流の周辺――大名俳人と流派設立――」
     服部 直子 氏(愛知県立大学非常勤講師)

・研究発表「近世初期俳諧撰集の形――貞徳の目指したもの――」
     母利 司朗 氏(京都府立大学教授)

 【今年度の例会開催予定】
今後の例会予定日は、7月15日(土)、9月16日(土)、
12月2日(土)です。会場は上記の日程につきましては、
熱田神宮文化殿2階会議室です。10月、1月につきましては、
日時と場所が決定し次第、ご連絡致します。

【例会中止基準】
午前10時に愛知県、三重県、岐阜県美濃地方の
いずれかの地域に暴風警報が発令されている場合、
その日の例会は中止とします。

2017年5月4日木曜日

【東海近世文学会5月例会(第269回)】

日 時:平成29年 5月 13日 (土) 14時~17時
場 所:鶴舞中央図書館 第1集会室

プログラム
・研究発表
「『色里三所世帯』における各章の関連と物語の趣向について」
     日比野 洋文 氏(同朋大学大学院文学研究科博士後期課程)

・研究発表
「『浄土要文抄』『あみだはだか物語』『あみだかんきん抄』の出版をめぐって」
     飯野 朋美 氏(中京大学非常勤講師)
・研究発表
「安永天明期の尾張俳壇と歌仙合―飯田俳人との交流事例をもとに―」
     寺島 徹 氏(金城学院大学教授)

 【今年度の例会開催予定】
今後の例会予定日は、6月17日(土)・7月15日(土)、9月16日(土)、
12月2日(土)です。会場は上記の日程につきましては、
熱田神宮文化殿2階会議室です。10月、1月につきましては、
日時と場所が決定し次第、ご連絡致します。

  【例会中止基準】
 午前10時に愛知県、三重県、岐阜県美濃地方の
 いずれかの地域に暴風警報が発令されている場合、
 その日の例会は中止とします。

2017年4月17日月曜日

【東海近世文学会4月例会(第268回)】


日 時 平成29年4月29日(土)  午後2時半~5時
場 所 熱田神宮文化殿2階会議室

プログラム          
・研究発表「文人旗本三橋成烈と懐徳堂の教導書『五孝子伝』」
                篗田 将樹 氏(愛知淑徳大学助教) 

・研究発表  「織田信長関連資料『當寺御開山御真筆』考
       ――「安土山記」他との関連から――」
                島田 大助 氏(豊橋創造大学教授)

・総会

【今年度の例会開催予定】
今後の例会予定日は、5月13日(土)・6月17日(土)・7月15日(土)
のみ決まっています。9月、10月、12月、1月は未定です。
会場は5月は鶴舞図書館第一集会室、
6、7月は熱田神宮文化殿会議室です。

【例会中止基準】
午前10時に愛知県、三重県、岐阜県美濃地方のいずれかの地域に
暴風警報が発令されている場合、その日の例会は中止とします。

2016年11月27日日曜日

【東海近世文学会12月例会(第266回)】

日 時 平成28年12月10日(土) 午後2時~5時
場 所 熱田神宮文化殿2階会議室
プログラム          
・研究発表 「菊堂編雨夜庵亀成追善集『妙智力』について
                    ――米翁・菊貫との俳諧交友」
             鹿島 美里 氏(北海道大学専門研究員)

・研究発表  「川喜田石水「見たき本」から見る基礎教養としての書物と読書」
             早川 由美 氏(奈良女子大学博士研究員)

・研究発表 「幕末・維新期の大和絵師・歌人、羽鳥春隆の業績」
             加藤 定彦 氏(立教大学名誉教授)

【今年度の例会開催予定】
1月例会については別途お知らせ致します。

【例会中止基準】
午前10時に愛知県、三重県、岐阜県美濃地方の
いずれかの地域に暴風警報が発令されている場合、
その日の例会は中止とします。

2016年9月21日水曜日

【東海近世文学会10月例会(第265回)】

日 時 平成28年10月1日(土)   午後3時~5時
場 所 熱田神宮文化殿二階会議室

プログラム          
・研究発表 「『通俗西遊記』翻訳者西田維則について
         ――他の訳解作品との比較検討――」
             中村 綾 氏(愛知学院大学講師)

・研究発表  「尾張俳人の系譜
         ――『愛知古今俳人百家撰』を端緒にして――」
             冨田 和子 氏(椙山女学園大学助教)

【今年度の例会開催予定】
次回の例会予定日は12月10日(土)です。
1月は未定です。会場は、12月は熱田神宮文化殿会議室、1月は未定です。

【例会中止基準】
午前10時に愛知県、三重県、岐阜県美濃地方の
いずれかの地域に暴風警報が発令されている場合、
その日の例会は中止とします。

2016年8月30日火曜日

【東海近世文学会9月例会(第264回)】

日 時 平成28年9月10日(土)  午後2時~5時
場 所 熱田神宮文化殿二階会議室
プログラム          
・研究発表「やさし」考
                               河村 瑛子 氏(京都大学助教)

・研究発表「馬琴読本挿絵のヴァリエーション」
        ――『椿説弓張月』、『南総里見八犬伝』挿絵の絵画化――
                              服部 穣治  氏 (東郷町立東郷中学校教諭)

・研究発表  「『張州雑志』の著者、内藤東甫の足跡
   ――『前野村前野氏系図 巻二』との整合性――」
                             松浦 由起 氏(国立豊田高専教授)

【今年度の例会開催予定】
今後の例会予定日は、10月1日(土)・12月10日(土)です。
1月は未定です。会場は1月は未定、それ以外は熱田神宮文化殿会議室です。

【例会中止基準】
午前10時に愛知県、三重県、岐阜県美濃地方の
いずれかの地域に暴風警報が発令されている場合、
その日の例会は中止とします。

2016年6月24日金曜日

【東海近世文学会7月例会(第263回)】

日 時 平成28年7月9日(土)  午後2時~5時
場 所 鶴舞中央図書館第一集会室
    ※会場がいつもと異なります。ご注意下さい。 
プログラム          
・研究発表 「〈宮本武蔵もの〉の展開」       
              三宅  宏幸 氏(愛知県立大学准教授)

・研究発表  「名古屋書肆永楽屋東四郎の出板」
              服部 仁 氏 (同朋大学特任教授)

・輪読『噺の山科』「水の月」
              服部 温子 氏 (奈良女子大学博士研究員) 
【今年度の例会開催予定】
今後の例会予定日は、9月10日(土)・10月1日(土)・
12月10日(土)です。1月は未定です。
会場は1月は未定、それ以外は熱田神宮文化殿会議室です。

【例会中止基準】
午前10時に愛知県、三重県、岐阜県美濃地方の
いずれかの地域に暴風警報が発令されている場合、
その日の例会は中止とします。